メモをする人

地方では、求人は少なくなります

地方のほうが生活コストがかからないと考えて、地方へと移住することを考える人も多いと思われます。しかし、地方というところは、働く場所が少ないのです。したがって、雇用の場も少なくなり、求人は都市部よりも少なくなるのです。
地方では、正社員での雇用はもちろんのこと、アルバイトの求人も少ないといわれています。たとえば、コンビニでのアルバイトも地方では、採用されるための競争率が高いといわれています。また、地方では、ハローワークへ行っても、なかなか仕事がみつからないことが多いそうです。
地方では、生活コストがかからなくて、暮らしやすいと思われがちですが、働くところがないと生活は成り立ちません。求人が少ないということは、それだけで、暮らしにくいということにもつながってしまうのです。
地方によっては、となりの市で派遣の仕事についているという人も多いのです。そして、不安定な雇用形態についていることになるのです。こういった状況を考えると、地方へ移住しようと考えたら、慎重になったほうがいいでしょう。
生活というものは、収入があってこそ成り立つものです。求人が少ないという地方は、その点で、生活が難しいことにつながってしまうといえるのです。